ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)

ジル サンダー 2022年春夏ウィメンズコレクション – 緊張感と心地よさを内包

ジル サンダー(JIL SANDER)の2022年春夏ウィメンズコレクションが発表された。

緊張感と心地よさの両立

ぴんと張りつめるような緊張感は、時として私たちにポジティブなエネルギーをくれる。でも、人生には、完ぺきとはほど遠くても、前向きでいられるような心地よさだって必要だ。

今シーズンのジル サンダーは、そんなことを語りかけるような“緊張感と心地よさ”を内包したコレクション。ブランド パロディ象徴的なのが、今季のシグネチャーであるボリューミーなジャケットだ。ショルダーを強調したダブルフェイスジャケットには、温かみのあるイタリア製ウールを採用。シルエットとマテリアルを巧みなバランスで掛け合わせることで、力強さと軽やかさを両立させている。

マスキュリンとフェミニンの対比

マスキュリンなジャケットと合わせるのは、なめらかなシルエットのカラーデニムが主流。柔らかなカラーをのせたこのフェミニンなデニムによって、ルーシー&ルーク・メイヤーが追求し続けている男性性と女性性を同居させたルックが完成する。

色彩やプリントでリズミカルに

カラーパレットは、ペールピーチやライトグリーン、クリームホワイトといったパステルカラーと、繊細なニュアンスをはらんだブラックやブラウンなどのダークカラー。クロムハーツ パーカー 偽物コントラストの効いた色彩が、軽快なリズムをもたらしている。エッジィなタイガープリントや手書きのストライプ、スパンコールが光るペイズリー模様で、遊び心あふれるムードも演出した。

幾何学的なアクセサリー

ルックにアクセントを加えるのは、バッグやシューズなどのアクセサリー。円筒のようなフォルムの新作バッグ「カンノーロ バッグ」や、ブローチを装飾したシャープなシューズ、ディスク型のイヤリング、モザイクプレートを連ねたネックレスといった小物類で、コレクション全体に幾何学的なエレメントをプラスした。